011-871-3629

(新型コロナウィルス)緊急共同宣言に伴う当園の対応について

保護者の皆様におかれましては、平素より保育につきましてご協力いただき、ありがとうございます。
さて、新型コロナウィルス感染症につきまして、令和2年4月12日に北海道・札幌市緊急共同宣言が発出されました。
当保育園といたしましても、さらなる感染症の拡大を防ぐため、以下の通り対策を講じてまいりたいと思いますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

<緊急対応期間> 令和2年4月15日 ~ 令和2年5月31日
※以降の対応につきましては、行政や関係機関の情報提供などをもって判断します。

① 在園児、当園職員が新型コロナウィルスに感染した場合、当局の指導に基づき14日間休園いたします。また、在園児が濃厚接触者に特定された場合、最後に濃厚接触をした日から14日間登園をご遠慮いただきます。
② 保育園での蔓延をさけるため、緊急対応期間は可能なご家庭については協力休園をお願いいたします。
③ 緊急対応期間は玄関にて登降園の対応をいたします。
 ・保育士が玄関にて対応いたします。保育士不在の場合はお手数ですがチャイムでお呼び出しをお願いします。
 ・保護者の皆様も登降園時はマスクの着用をお願いいたします。また、付き添いはお一人まででお願いします。
 ・登園前は必ず検温実施をお願いします。登園時に保育士が体温について確認いたしますので、「平熱です」などとお知らせください。また、連絡帳に体温を必ずご記入いただきますようお願いいたします。
④ 37.5℃以上の発熱があった登園はご遠慮ください。また、咳や頭痛・吐き気など風邪の症状がみられた場合についても同様に登園はご遠慮ください。

長引くコロナウィルスの対応により、保護者の皆様にも相当な疲労感があろうかと思います。保育園といたしましても、できる限りの対策を講じ、安心してお子様をお預かりできる体制を構築してまいりたいと思いますので、ご理解いただきますようお願いいたします

東川下ポッポ保育園 
園長 宮嶋 早苗