011-871-3629

厚別川、桜が満開です。

今日は4月最後の土曜日、お休みのお友達も多かったです。
3さいのきりんさんのお友達は 4,5さいの大きい子たちと一緒に厚別川方面へお散歩に向かいました。

途中、桜をはじめツツジやしゃくなげ そして花壇には水仙やチューリップなど 色とりどりに花が咲いていて 心も弾んできます。

今年はじめての「ちょうちょ」を保育士がみつけ、子どもたちは「えっ、どこ??」と一生懸命目で追っていき 「いたー!」と見つけると目をキラキラさせて喜んでいましたよ。

川には この時期毎年 橋の下に大きな大きな鯉がたくさん群れます。水温の上昇を敏感に感じ取り 産卵をする準備なのかもしれません。
まさに「鯉のぼり」です。

大きいクラスになると目で鯉を見つけられるので 泳ぐ姿を言葉で表現したり 何匹いるとか、その年齢により会話の内容もずいぶん違ってきます。
そして、どこにいくんだろう??と色々な事を想像できるようになっていきます。

でも、今日は3さいさんなので なんとなく、、わかるかな?? という感じでしたが それでも一生懸命目で探そうとしていましたよ。

毎年同じ季節を過ごしながらも 感じ方や遊び方、過ごし方が成長とともに変わっていくのが保育士としても面白いところです。

タンポポやつくしをつんで「お母さんにお土産にしたい―」と手に大事に持っていて 次第にしおれてきてどうするかな、ポイって捨てちゃうかな…?と見守っていましだが 保育園までちゃんと握りしめて持って帰ってきていました。そして、ちゃんと「袋に入れたーい」と。

凄いなー、「持って帰りたい」という気持ちをちゃんと忘れないで過ごしてきたんだなーと感心しました。

桜の花が満開で とても気持ちの良いお散歩日和でした。

お近くの方は、お休みの日などに ちょっとお散歩に出かけてみてくださいね。

鯉を見たい方は ずっとはいないと思うので 早めに行くと良いかと思います。