011-871-3629

ポッポ自然教室がありました。

今日はぞう組でポッポ自然教室がありました。

円山自然学校の高野さん(子ども達はカツオ隊長と呼んでいます)が来てくれ、『春を探しにお散歩しよう!』というテーマで川に向かって出発しました。

川に到着して挨拶をしてから「川にはどんな虫がいるかな?」と高野さんから聞かれて「あり!だんご虫!てんとう虫!」と次々に知っている虫の名前を言っていく子ども達。虫を見つけられるかな?と紅橋の下から13条通り方面に向けて虫探しをしながら歩いていきましたよ。

天気が良かったからなのか さっそくアリとアリの巣を発見!高野さんや保育士、お友達に「こっちにいるよ」と声を掛けながら動きをじっくりと見ていました。

だんご虫がコンクリートの階段の横にたくさんいたので、捕まえて高野さんが持ってきてくれていた透明のケースに入れていきました。子ども達はだんご虫とわらじ虫 どっちがどっち?となることもあるので、わらじ虫だけを入れるケースも作って 見比べていきましたよ。

他にもイモ虫やゾウ虫も見つけて、『虫を見る時のポイント』を教えてもらいました。頭はどこか お尻はどこか 体の模様はどうなっているかを見たら良いんだよ と聞くと興味津々。しゃがみ込んで わらじ虫はお尻にシッポみたいなものがある イモ虫は体にシマシマ模様がある と細かいところにも気づきながら観察していました。

最後にトクサという草をとってきてこすり合わせて音を鳴らして遊んだり、地面に並べて絵のようにして遊んできましたよ。

普段から散歩に出かけて自然に触れながら遊んできている子ども達ですが、その中で命があることを知ったり 細かいところに目を向ける 虫が逃げないように静かに歩いてみようとする 等遊びを通して色々な経験をしていけたらいいな と思っています。