011-871-3629

野菜(ズッキーニ キュウリ ピーマン)を収穫して食べました! ~3歳きりんさん~ 

保育園で作っている畑が少しずつ収穫を迎え始めました。

クラスごとに収穫して給食の時に目の前で焼いてもらったりして食べているのですが 今日は、きりんぐみさんが畑にやってきました。

ズッキーニが大きくなったからとっていいよ~と伝えましたが 全員が採れる分はなっておらず・・・残念💦

なので、先生たちに代表してとってもらいました。

「大きいの採ってー」と声援を受けて O先生が「これかい??」 とポキン。

   

「ズッキーニ、だいすきー」という声もきかれて うれしい限りです。

 

つづいてH先生チームもやってきて あったあった!!とぽきんと一本採ると

子どもたちもトコトコ一緒にやってきて「とりたーい」とポキンと収穫していました。

 

  

「ぼくもとりたーい」「とってなーい」という声が響き、

丁度なっていた きゅうりやピーマン なすを数本ずつ収穫してもらいましたよ。

 

 

そして、いよいよお昼ごはん。

まずはピーマンをホットプレートで炒めちょっぴりお醤油で味付けをし

「食べれる人~??」と聞くと「ハーイ!!」と元気な声。

「ほんと~??」と言うと「たべれる―!!」とキッパリ(笑)

 

どれどれと少しずつお皿に乗せてフーフーして少し冷ましてから パクリ。

お口に入るまでかなり、ゆっくりの子もいました(笑)が、「たべるぞ」という姿がたくさんみられ

保育士たちもびっくり。

(実は なかなか進まないんじゃ・・なんて思っていたのです)

 

子どもたちが自ら食べようとする姿をみて 感動する保育士達の拍手と歓声にクラスが包まれました。

 

保育士たちが、「凄いねー!」「食べれるの~??」という言葉が刺激となり

自分から食べてみようとする姿があちこちで見られていましたよ。(すごい成長です)

  

ほら、こんな感じ・・。

口に入れると「みてー」と大きな口を開けて見せてくれています。

 

  

4月に入ったお友達も あーん。。

 

 

「おかわりちょーだい」という子もいました。

「みてみて、食べれるから」と小さめのお口でモグモグ。

頑張っている様子が とても伝わります。

   

 

友だちの姿が刺激になり 先月ポッポの仲間入りをしたばかりのお友達も

「ぼくだってたべれるもん」とピーマンをさっと口に入れ、大きな口を見せてくれましたよ。

 

こうやって自分たちで収穫して目の前で調理することで 食欲につながり

「たべてみよう」という経験を 大きくなるにつれてしていきます。

食べないから作らない、出さないではなく 食べてみようと思える工夫をしていきたいものですね。

 

ピーマンの後はズッキーニを焼いてチーズをのせて食べました!

 

ミニトマトが赤くなったらみんなで採ろうねーと話しています。

 

これから、いっぱい食べて いっぱい遊ぼうねー!!